So-net無料ブログ作成
検索選択

fujisan.co.jpへ
サンヨー洗濯乾燥機 ブログトップ

サンヨー洗濯乾燥機と新型インフル [サンヨー洗濯乾燥機]

so-netブログでは、毎月アクセス解析レポートなるものがメールで届く。そしてメール本文あるURLを開くと、該当月のアクセス状況がわかる。

それとは異なり、いつでの、自分のブログのアクセス解析はログインすれば見ることができる。
最近、私のブログで話題にしていないテーマが、なぜかアクセス数が多くなっている。

そう一つは、最近5回目のリコールで、対象製品全品新品にするという「サンヨーの洗濯乾燥機」。
もうひとつは、新型インフルエンザ薬「タミフル」と「リレンザ」。

サンヨーの洗濯乾燥機については、昨年4回目のリコールの時期に、新品に交換してもらった。
ブログで、リコール4回目のことを書いたら、情報提供してくれる方がいて、それに沿ってのことだ。

我が家は新しモノ好きで、交換時期ではいちばん新しい、ということだけではなく、従来品よりも画期的な要素のものを買う傾向で、この洗濯乾燥機もドラム式洗濯乾燥機ということで買ったのが、リコールの繰り返しというあだになってしまった。

交換されたものにも、時間通りに終わらないとか、やや音が大きいとかの不満はあるが、以前のものに比べれば格段の使い勝手だろう。

しかし、5回のリコールでやっと新品交換で、管理監督官庁やメーカーの幹部はどうしているのかな?
パナソニックが気になって、動きがとれなかったのかな?

そして、新型インフル、じつは、今年の2月に、早々と発病した家族がいたのだ、その際、病院では「タミフル」では効かないので「リレンザ」にということで、リレンザを5日分処方された。

「タミフル」も「リレンザ」も副作用があることはわかり、インターネットで調べたり、発病した家族から目を離さないようにしていた記憶がある。幸いなことに、熱は2日ほどで下がり、ただ、熱が下がったからといって感染力がなくなったとはいえず、しばらくは外出を控えたことがあった。

また、家族、「レオ」も含めて、感染はしなかった。

ただ、心配なのは、一回かかったからといって、免疫ができてかからないというわけではないようで、、
とはいいつつも、家族を含めて、ショッピングモールが会社、仕事先、電車のなかでマスクをしている人がほとんどいないという事実。

一方で、感染者が急増し、学校などが休校や学級閉鎖になているという、実際に目にしたことがないのだが。
先日、病院にいったが、マスクをしているのは病院関係者だけで、病院に訪れた人のほとんどはマスクをしてないのですよ、この現実、どうなんでしょう?
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱり書きます [サンヨー洗濯乾燥機]

昨日、夜、三洋のAWD-AQ150が届きました。
配送業者2人で、前のものを運び出し、交換機を設置してくれ、使える状態にして帰りました。

前の機種を運び出す際、洗面所から廊下へ、、の際、扉の反対側の受け手のストッパーにあたる具材というのでしょうか、それがはずれました。
そこで、扉そのものをはずして運び出し、新しいものを運び入れたのです。

最後に、設置完了で、署名捺印。「扉を設置しなおしてください」というと、わかりました。
ところが、具材のはずれたことに対し「どうしましょうか?」ときました。

具材は、扉の反対側の一辺の一本の棒状で組み込み方式で、接着剤で固定されていたのでしょう。
この棒状のものが折れた、となれば困ったのですが、接着剤で修復すればよい、という判断で、私のほうで補修することで、交換完了となりました。

ま、いいのですが、前にも、液晶テレビが来たときの設置も、雑でした。不要なケーブルを乱雑に抜いて、液晶テレビに差し込もうとしたりして、結局は、置いていくだけで配線は私がしたものです。

メーカーもそうですが、家電量販店の「売らんかな」という意識、アフターフォローですか、コストダウン、スピード、日曜・祝日なし、夜の配送、業者さんも大変だと思います。

前に、家電量販店で、メーカーの社員が、無償で店頭販売をしていたことが、摘発されたことがありました。
今回の件、いろいろと考えさせられました。

今後の活動にいい勉強になりました。





nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

リコール洗濯乾燥機がいよいよ [サンヨー洗濯乾燥機]

実は、昨日配送業者からの電話では、本日、最終的な配送日時の確認の電話が入ることなっていました。
昨日もそうでしたが、固定電話(留守電・FAX対応)ではなく、携帯電話に入りました。
たまたま、気がつかず、こちらから電話をしたら、先方の担当者は電話中とのこと。その電話の向こうは、ざわめいていました。想像するに、今回リコール洗濯乾燥機の配送手配、問い合わせ等々の対応ではないかと思います。

その後、担当者からの電話で、最終確認、いよいよ8日夕方、もちろん道路状況によって時間の誤差はあるにしても、我が家に到着だ。

ただ、今回の問題、「交換できる」「現金での換金」そして、「最新の機種にも不具合がある」などの情報が寄せられ、情報確認や、同じユーザーへの情報提供などを行いました。

最終的には、新機種交換という運びになったとしても、なにか釈然としないものがあります。
同時に、一昨日だったと思いますが、朝日新聞の社会面にて、メーカーのリコール情報を待つ(新聞等にリリースや公告)だけではなく、自分たち消費者が自己防衛をしていく必要があると。
私の思いとしては、メーカー頼みではなく、自分たちで防衛する意識・行動が。。と。ひいては、行政頼み、政府(麻生さん)頼みではよくならない、という風に読解したのですが
深読み、先読み過ぎますか・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「AWD-A845Z」から「AWD-AQ150」 [サンヨー洗濯乾燥機]

三洋の洗濯乾燥機「AWD-A845Z」の4度めのリコール発表がありました。
我が家の洗濯乾燥機は、まさにその機種。大当たりだったんですね。
年末ジャンボ宝くじ・3億円が当たれば、万々歳だったのですが。

で、また、点検・修理かな、今度こそ新品に交換してもらおうと思いながらも、どうしたらよいのか、
三洋からの連絡を待っていました。

ところが、12月に入り、「交換してもらった」「返金してもらった」という情報がコメントに入り、その上、激励もされてしまいました。
その情報とは、価格.comでした。普段、買い物をするときによく見ていたのですが、今回は見落としていたのです。

あるは、あるは、「交換」「返金」、それもさまざま、対応状況がユーザーによってまちまちでした。
そこで、意を決して、メールとフリーダイヤルで問い合わせをしました。

フリーダイヤルでは、女性が2度にわたり代わって対応。ところがここは「点検・修理」に関してだけの相談。
「交換」については、折り返し担当から電話をさせます、と。

程なく、担当から電話があり、「交換ご希望ですね。では、現在、AWD-AQ150にて対応しています」と。
このAWD-AQ150の情報はないにしても、とりあえず新しいものに交換できるということで、設置可能かどうか、扉が左と右があり、その確認だけで、交換OKとなりました。
地域のサービスセンターから、追って、配送日時の調整についての電話が入ることを約して、その場は終了。

翌日、ヤマダさんちにいって、現品を確認し、デジカメ撮影
IMG_1393.jpg

カタログを持ち帰って詳細に、交換製品をチェック
いちおう最新のもので、グレードアップしているよう。

しかし、翌日になってもサービスセンターからの電話なし、再び相談室に電話したあと、しばらくしてサービスセンターから、さらに翌日、つまり、昨日、配送センターから、配送日の調整の電話がありました。

その結果、いよいよ、8日に到着予定。
これで、洗濯乾燥担当重役の妻の「ぼやき」も終了となるとよいのですが、三洋さん、パナソニックになっても期待していますよ。ちなみに、我が家の三洋製品は、ほかに、ミル付きコーヒーメーカーのみですが、この機種は気に入って2代目です。

今度こそリコールなしですよ。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今サンヨーの洗濯乾燥機で洗濯中 [サンヨー洗濯乾燥機]

あと「5分」の表示以降、30分ほど経っています。そろそろ終わるかなと見にいくと、後「13分」なんて表示になりかわっていることも頻繁にありますよ。

もう、毎日、深夜に洗濯をし、干してから寝るのですが、なかなか予定通りに練れない。「毎日、寝不足で会社にいく」、とぼやく妻です。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

三洋の洗濯乾燥機4度目のリコール [サンヨー洗濯乾燥機]

昨日の夕刊と今日の朝刊をめくると、目に飛び込んできたのが
「三洋の洗濯乾燥機、4度目のリコール」

そして、対象機種を確認すると、「AWD-A845Z」
まさしく、我が家で使っているものと同じ洗濯乾燥機。[がく~(落胆した顔)]

IMG_1072.jpg
洗濯槽にある縞模様の洗濯物は私のパンツです。[わーい(嬉しい顔)]

そういえば、今年の2月ごろ、突然、三洋さんから電話があり、
修理点検しますから、と。

でも、我が家の場合、単なる点検であるとのことで、何度も電話でのやりとりの末、
しぶしぶ、了解し、点検作業に。ものの5分程度で終了し、安心して使っていたのだが、またー!

これまで3回もの点検・修理。
じつは、このとき「何度も何度も点検・修理で、直らないんだったら新しいものと取り替えてくれたらどうだ。
それぐらいの度量があってもいいのでは」と。

しばらくして、別の担当者から、小さな声で丁寧な「新機種交換」のお断りの電話。

さらにじつは、の話である。

購入当初、洗濯乾燥の表示時間とは異なり、異常に長い時間洗濯を繰り返したり、
残り5分という表示が出ているのに、10分どころか何十分も経っても終了しないとか。。
あるいは、脱水のときには、異常な回転音? ではなく、洗濯乾燥機のなかに人が入っていて
暴れているような振動音と、洗濯乾燥機自体が大きくうごめいていたのです。

購入時には、初期不良であるという判断で、購入したお店で交換してもらいましたが、
その後も、改善されずにきました。

3回目の「点検・修理」(?)の際、担当者に話をして善処してもらいましたが、
相変わらず改善されないどころか、むしろ悪くなっている状況です。

幸いのことに、我が家のものは、発火したり煙が出るということはないようですが、
事故につながらないからよいというものではありません。

4回ものリコールということは、点検・修理のミスではなく、構造そのものに問題があるといわざるを得ません。
今度こそ、新機種に交換してもらいたい、と強く望みたい。

ただ、新機種というのは、不安な要素が多いといいます。
新し物好きな人の場合、いち早く購入してしまい、初期不良というケースで悩まされた経験があると思います。

半年もしないうちに、改良機種が発売されるということも少なくありません。

新機種を発売した後、ユーザーの意見を聞き取り、それに基づき改良を重ねるという話もあります。
最近では、とくに、1機種の生産量を抑え、売り切って、「生産完了」となります。

いずれにしても、「新しい機種に交換してほしい」
きっと、井植さんも、松下さんも願っているに違いない。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
サンヨー洗濯乾燥機 ブログトップ

保険のことプロにご相談下さい!

自動車保険一括見積り - 保険市場Autos 保険比較の保険市場

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。